ホームへ戻る
ナノ理工学情報交流会

 大阪大学ナノ理工学産学コンソーシアムでは、ナノ理工学に関連した交流会を開催いたします。
 ナノ理工学情報交流会は、企業と大学の双方から毎回のテーマに即した最先端の研究開発やトピックスなどを紹介し、参加者の意見交換、情報交流を行うことを目的と しています。
 講演後の情報交流懇談会では、企業よりの参加者、大学関係の研究者の方々とのフリートークも行われますので、皆様、是非、奮ってご参加ください。 
お申込み FAX またはE-mail で、所属、氏名、連絡先を記載の上、コンソーシアム事務局へお申込み下さい。
 コンソーシアム事務局
   FAX: 06-6853-6859  E-mail:
開催場所 大阪大学・豊中キャンパス

平成30年度の開催予定

主   題 テ ー マ 開催日時・
場   所
申  込
締切日
参加について プ ロ
グラム
1. 包接化合物、機能性細孔物質の発展と今後への期待
有機包接結晶の発展と今後への期待
細孔を持つテレフタル酸銅(II)の発見とその後の展開
超多孔性物質である多孔性配位高分子(Porous Coordination Polymer: PCP)、金属有機構造体(Metal Organic Framework: MOF)とその応用
世界で一番小さなカプセル~シクロデキストリン・ナノテクノロジー
2018.7.17(火)
13:00-17:20
大阪大学豊中キャンパス
終了
一般公開
費用:
資料作成費:コンソーシアム会員、大阪大学所属研究員及び学生以外は、3,000円/人
PDF
2. 3D造形技術の発展と今後への期待
高輝度青色半導体レーザー開発と次世代加工への展開
各種プリンタによる細胞含有ヒドロゲルのプリンティング
ナノ光ケモメカニクスによる三次元造形
3DプリンティングにおけるBASFのソリューションと活用事例について
2018.10.1(月)
13:00-17:20
大阪大学豊中キャンパス
終了
一般公開
費用:
資料作成費:コンソーシアム会員、大阪大学所属研究員及び学生以外は、3,000円/人
PDF
2. ナノテクノロジーの現在~未来
下記テーマとコース説明
計算科学を利用したナノ材料・ナノデバイスの設計
超スマート社会に求められるナノマテリアル・ナノデバイス
化学・バイオ領域でのナノテクノロジー
ナノスケールにおける物質の構造・機能解析
2018.12.17(月)
13:00-17:20
大阪大学豊中キャンパス
2018.12.11
(火)締切
一般公開
費用:
資料作成費:コンソーシアム会員、大阪大学所属研究員及び学生以外は、3,000円/人
PDF